たのぶろ/コーチングと森林浴とジェンダー

自分を大切にするために、一歩踏み出すエッセンスをお届けしています。

無意識を味方につけよう(2月の学び)

f:id:tanoraku:20220304214136p:plain
みなさん、こんにちは。妻です。
2月は「無意識を味方につけよう」をテーマにしていました。
tanoraku.hatenadiary.com

脳の話や意識等に関する本を20冊程度本を読みました。
これからの生活で大切にしようと思うことを書き留めておきます。

・全ては小びとのしわざ

人間の頭の中には沢山の小びと(=ニューラルネットワーク)が住んでいる。小びとが「知(知覚する)」「情(記憶の想起→気分を作る)」「意(~したい)」の処理をせっせと行っている。「私」は残念ながら無個性で、沢山の小びと達が騒いでいることをただ見ている。そして、声が大きい小びとの「知」「情」「意」、あるいは多数決で勝った小びと達の「知」「情」「意」を、「私」のものとしている。そして、小びとには良し悪しはない。よく使っている小びとの声が大きくなっていく。

とっても怖いよね。良し悪しじゃないんだよね、使ってるとどんどんそれが使いやすくなる。よく出てきちゃうんだよ。(特に子育ては反省する所が沢山ある…)

でもでも、反対に、「この小びとじゃない!」と気がついて、使いたい小びとを頻繁に登場させていたら、いつの間にか望む行動が自動的にできるようになるってことだと思う。

私たちのコーチングでは、自分の大切にしたい在り方に名前をつけたり、自分を止める声に名前をつけたりします。これを小びとの考えにつなげると、小びと一人一人に名前をつけて、私はどの小びとを選びたいんだろうと意識的になって、自分が望む行動に進む。そんな手助けになっている。

全ては小びとのしわざ。あなたはどんな小びとと生きていく?

・直観&無意識思考はだいたい正解。

人は1日平均70回の意思決定をしている。脳は、複雑な問題を考えきれない。だから、じっくり時間をかけて考えても、残念ながら良い答えはでない。複雑な問題には直観や無意識思考を使おう。無意識思考とは「課題に対して意識的な注意が向けられていないときの思考」のこと。なにそれ?っていう感じだと思うんだけど、上の小びとに考えさせている感じだよね。そして、小びとはバイアスなく、適切かつきちんと評価ができるよ、あなたの小びとを信じよう。実験によるエビデンスあり。

この無意識思考を有効に使うために、私が思う大事なことは2つ。
①「問い」をたてる。私はどんな課題を解決したいのか?を適切にたてること。
②直観や無意識思考に耳を傾けて、行動すること。行動すると、人生が変わる。

・脳の検索機能を上手に使おう

脳にはRAS(網様体賦活系)という機能があって、たくさん端折って簡単にいうと、検索機能とGPS機能の2つを持っている。だから、願いを持つと、意識が全面的にその願いに向かい、必要なものを収集し、目的地に連れて行ってくれる。確かに、この車欲しいな~と思うと、その車を沢山見るようになったりするのも、検索機能を使っていると言えるよね。

RASを使う上で、私が思う大事なことも2つ。
①起きてほしくないこと・望まないことには意識を向けないようにする。
脳は起きてほしくないことを考えている場合、それを検索してしまうらしい。それはいかん。ここ数日、こどもとの接し方を反省しているので、こどもとこう接したいというHappyイメージに意識をむけていこうと思う。
②起きてほしいこと・望んでいることのイメージを膨らませる。そして書く。
どんな状態になってほしいかを沢山沢山イメージする。それがかなったときの自分がどこにいるのか、周りはどんな状態か、そのときどんな感情になりそうか等。そうするとゴール地点が脳にインプットされて、そこに向かっていける。Happyイメージをふくらませて、いつでも思い出せるようにそれを書き留めておこう。


★★★★
参考書籍など

youtu.be

★★★★
無意識を味方につけて、行動を変えよう。コーチングで、望む人生への一歩に伴走します。
www.tano-raku.com