たのぶろ 〜たのしくはたらく夫婦のブログ〜

2020年、東京から箱根に移住!楽しく働いて気楽に子育てして箱根で暮らす、夫婦の日々を書きます。

休日の過ごし方の変化

あけましておめでとうございます。

今年は箱根で家族4人での年越しでした。大人2人・子供2人で長時間過ごすのは正直大変だけど、比較的穏やかな時間も多く過ごせました。成長…!以前の我々であれば(特に夫は…)イベントもなく家族だけで休日を過ごすと、自分の時間が奪われていく感じが強く、一日の後半にはイライラが募っていました。全くなくなったとは言えませんが、少しずつ良い変化があるので、その変化の理由を書き記しておきます。

空間が広く、パーソナルスペース確保

以前は1LDK+Sの55㎡くらいのマンションに住んでいました。断捨離も進めていたので、それなりにすっきりしていたとは思う(自己評価w)けど、どこにいても誰かいる。大人がゴロンとしたらもう余ってる空間がない。逃げ場がない。でも、家は気に入っていたので、本当は子供たちが小学生になるころまでは頑張れば住めるかなぁと思ってました。
しかしながら、今の家は100㎡超。ただ空間が広いだけで、パーソナルスペースが確保されて、刺々しい気持ちにならない・子供を気にしないでいられる。ミニマリストに憧れはあるけど、自分のできる範囲ですっきりさせて、それなりの広さのところに住むのがちょうどよい。

家の前・庭&周辺散歩で楽しい

以前は外で遊ぶといえば公園に行っていました。歩いて3分、庭園もあって大好きな場所で、足繫く通っていました。だけど、公園だと人目が気になることもしばしば。

今は家の前・庭でも遊べます。娘はストライダー乗り放題・最近は寒いので霜柱を探したり楽しんでます。

f:id:tanoraku:20210105222941j:plain
霜柱できてるよ。

大人としても、少しの車通りとイノシシ(まだ会ってはないがご近所さんから警告を受けている)を気にしていればよく、気軽に眺めていられます。アレだめコレだめを言わずに済みます。コンビニに行くお散歩だけでも、実や棒を拾ったりで楽しいです。大人としては目的地到着を目指さず、のんびりお散歩が吉。

公園が疎

仙石原エリアには1つだけ公園があります。その名も仙石原公園。子供の遊具&大人の体操器具が充実しています。公園は本当に疎です。遊具で並ぶこともなく、ほぼ使い放題。上記と同じで人目を気にしなくてよくて楽。

山・湖を眺めながらリフレッシュ

基本的に山しか見えないので、山を見て、冷たい空気を吸ってリフレッシュできます。特に、箱根ビジターセンターのロケーションが素晴らしいです。子供の広場は、スカッと山が開けていて、自分の存在がちっぽけに感じ、小さいことを気にしなくていっかという気持ちになります。凧揚げをしたら、子供・大人も楽しかったです。

f:id:tanoraku:20210105221424j:plain
凧揚げ。娘が上手。

凧揚げの動画、ぜひ山の風景・静けさ・鳥の鳴き声等を楽しんでください。娘が揚げているのは何故かスローになっていたので、私が揚げている動画です。

箱根ビジターセンター凧揚げ

子供の広場の反対側に行けば、芦ノ湖を臨めます。とても穏やかな気持ちになります。おすすめです。

f:id:tanoraku:20210105220618j:plain
芦ノ湖ものんびりできておすすめ


箱根が素敵!というよりは、自分好みの自然を感じられるというのが良いのかな。人間も自然の一部。大きな自然の中で自分を感じて生きよう。